MENU

女友達がいい加減ウンザリしている恋愛相談あるあるとは?

女子会やランチの席で、お互いの恋バナや恋愛相談などをして盛り上がるのは、女性ならでわのお楽しみですが、いきなり電話で呼び出されたり、
夜中に電話をかけてきては、長時間グチグチと彼のグチを話すなどの行動は、女友達をイラつかせる原因になります。

 

そこで、面と向かっては言いにくいけれどいい加減にして欲しい、女友達の恋愛相談あるあるをご紹介していきます。

 

 

●女友達がいい加減ウンザリしている恋愛相談あるあるとは?

・片思いの相手の話で自分勝手に盛り上がる

付き合ってもいない彼の事を一方的に話された挙句「そんなに好きなら告白しちゃいなよ」というと「そんな勇気ないし、見てるだけでいい」など、
消極的な態度を取られてしまうと、何のために私に話しているの?といい加減ウンザリされてしまいます。

 

誰しも片思いの経験はあるかと思いますが、実際に付き合うよりも片思いの方が楽しいもの。でも、好きな人も彼氏もいない友達に相談すると、単なる迷惑
行為でしかない場合もありますので、なるべく彼氏持ちの子に聞かせた方が良いのかもしれませんね。

 

 

・顔を合わせるたびに「合コンしようよ」と誘ってくる

合コンは知らない男性と出会う、一番手っ取り早い手段のひとつですが、合コンしたいと誘ってきた挙句、自分は幹事にならずセッティングは友達にお任せ
してばかりでは、もう友達やめたいと疎遠にされてしまいます。

 

 

・私好みの人紹介してよ〜という無理難題

ある意味一番ひどいのがこのパターン。友達なんだから私の好みを知っているでしょ?という考えで、私好みの相手を〜と言っているのかもしれんませんが、
一生懸命探して紹介した挙句、この手の人に限って「私の趣味じゃない人を紹介した」と他の友達に文句を言う人が多いものです。

 

恋愛の相性なんて他人には到底判りませんので、あまり無理難題を友達に言わないようにしましょう。

 

 

・私達もう終わりなのかな?という重い相談

私達もう終わりなのかな?別れた方が彼のためなのかも?など、悲壮な顔をして恋愛相談をした経験は、皆さんあるのではと思いますが、ここで
下手に別れちゃえば?と言うと「でも〜まだ好きだし」など、話を聞いても別れるのか別れないのかはっきりしない場合や、単なる悲劇のヒロインに酔い
たいという場合もあります。

 

重い相談をした挙句、その後ケロッとした顔で「彼の事が大好き♪」などというツィートを発見したら、即友達辞めたいと思われかねません。

 

 

おわりに

恋愛中や、彼氏が長期間いない場合には、恋愛中毒に犯され他人に配慮ができなかったり、焦りのあまり自己中になることもあります。いざという時に相談
できる女友達を失わないように、恋愛相談もほどほどにしておきましょう。